sayawen.com

優しさをめいっぱい感じたニュージーランド旅行

ニュージーランドへ出発する前はたいへんでした。

たいへんだった理由はいくつも挙げられます。はじめての海外旅行だったこと。当然パスポートは持っていないし、どうやって申請するのかもあやふやな知識しか持っていませんでした。しかもひとり旅で、ツアーなどには参加しない個人旅行。さらに旅行を決めたのは出発日から1か月を切っている時期。つまり、調べたり決めたりしている時間がない!おまけに英語の理解力も微妙…。

羽田空港で夕焼けに見送られる

出発日は羽田空港で夕焼けに見送られました

旅行前には、不安と心細さで旅行なんてやめておけばよかった…と、くじけそうになりました。眠れなくなったこともありました。とほほ…。大げさだったかもしれませんが、「わからない」、「困った」、「途方に暮れる…」を繰り返しながら旅行の計画を立てていきました。

そんな情けない状態だった私が、旅行に行く決意をして実際に出かけて、身になるいい体験をして、無事に帰ってこれたのは、単刀直入に言って、かなりの数の人からの励ましや助言、協力をしていただいたおかげです。感謝の言葉にキリがありません。

ニュージーランド航空に乗車

11時間のフライトは長かった。後部座席のKiwi(ニュージーランド人)が話しかけてくれて1時間くらい話したのは楽しい思い出。

みなさん、ありがとう

若い20代の最初の頃はひとりの力で生きようと思っていたし、そうしていたつもりだし、そうできるものだと思っていました。振り返れば私にはそんな器用なことをできていたはずがないのですが…。この年齢になりそこまでの奢りはないつもりですが、旅行を確定させる前までは、ひとりで準備して、自分ひとりで旅に行ってきたという達成感を味わうつもりでした。

それまでの私には無理なことだと早々に気がつきました。だけど、困る私に手を差し伸べてくれる人はたくさんいました。私が思っていたよりも、人は親切で協力的な存在なんだと気が付けたことは、今回の旅行でいちばんの財産です。この旅を決めなければできなかった体験で、颯爽と旅行に出かけられなくてよかったのではないかと思うほどです。

ハミルトンの宿の近くで

ニュージーランドに降り立って、空が広いことに感動しました。
ニュージーランドは天候が変わりやすいと聞き、雨具もバッチリ用意しましたが、日々お天気に恵まれました。

自分ひとりで何でもできるというのは、自己完結しているということです。それはそれで、美しい在りかたです。だけど、どこかさびしさを感じることがあります。

人を頼りにするということは、自分と相手があってはじめて完結できるという在りかたです。人と関わるということは、すべてが自分の思うようにいかないこともあります。もしかしたら、その方が多いかもしれません。だけどそういうことも受け入れる気概を持って関係をつくっていける、助け合っていけることは、大人同士のいい関係なんじゃないかなと、そう思ったのです。

早朝のクライストチャーチ空港にて

朝5時頃には日が昇るので、最後の最後まで出会えなかった朝焼け。
帰国の日の早朝、クライストチャーチ空港にて。

助けてもらったほうの都合のいい解釈かもしれません。だけど、この体験を経てもっと人の力になりたいという変化を自分で感じました。微力であってもできることは、実は自分で思っているよりはあるはず。自分の中に持っている体験や知識を役立てていけたらいいなと、そう思っています。

どうしてこんなに助けてもらえたのか…

ところで、どうしてこんなに助けてもらえたのかという話をすると、考えてみるとソーシャルメディアがあったからでしょう。私は旅行に行くことや、初海外旅行であること、困っていることを不安な気持ちから赤裸々にTwitterやFacebookに投稿していました。これは最初は助言を期待するものではありませんでした。

ですが、ニュージーランドへ行ったことのある方からお勧めの観光スポットを教えていただいたり、1から10まで細かなことを調べてまで教えてくださったり、ニュージーランドにお住まいのかたを紹介していただいたり、「なんとかなる」と励ましていただいたり…と次々に背中を押してくれるメッセージをいただきました。

Twitterで、旅行のことで困ってツイートしているうちにお知り合いになり、同時期にニュージーランドの同じ都市にいることがわかり、ディナーをご一緒させていただくという、すてきな出会いもありました。

ニュージーランドのお宿のホストたちにもとても親切にしていただきました。ドライブに連れて行ってもらい、お気に入りの海を見せてもらいながら新鮮でおいしいフィッシュ&チップスをいただいたり、ウェリントンからの飛行機が5時間も遅れて心細い思いをしている時にメッセージで心配の声とフォローをしていただいたり…。

フィッシュ&チップス at ラグラン

ニュージーランド北島ワイカト地方のラグランで
いただいたフィッシュ&チップスは絶品でした。

思い返せば「行きたいけど…でも。」とうじうじしていた頃に、渋谷でハンバーガーを食べつつ背中を押してもらわなければ、旅行に出ることも、もしかしたらなかったかもしれません。仕事で複数のお客さんにスケジュール調整にご協力いただけたのも、安心して旅に出られた理由でした。

そろそろ「あなた、助けてもらいすぎじゃないの?」とツッコミをうけるのではないかと、心配になってきました(笑)。ですが、ここには書ききれないほど助けていただきました。

こんなに多くの人を一度に頼らせていただく機会など、そうないのではないかと思います。だから気が付けたことも多くあるし、私にとって貴重な体験になりました。海外旅行、行って本当に良かったです。

何せでこぼこな個人旅行をしてきたので、海外旅行全般の助言は私には難しいですが、ニュージーランドのことなら気軽に質問してください。すてきな国だったので、少しでもお力になれたら私もうれしいです。