sayawen.com

憧れのニュージーランドへ旅に出ることにしました

12月に早めの休暇をとってニュージーランドへ旅に出ることにしました。

人生ではじめての海外旅行です。それもひとり旅の個人旅行。来月です。あと3週間です。英語?英語…。無事に行けるのか、帰ってこれるのか、航空券を買った夜は興奮と不安のあまり熟睡できませんでした。最初は不安に押しつぶされないために調べものをはじめたのですが、素晴らしい景色の写真を見るうちにわくわくする気持ちがやっと膨らんできました。

ニュージーランドに行きたい理由

最初に行く土地はニュージーランドしかありえませんでした。「ニュージーランドに行ったことがある!」というかたはあまりお目にかかったことがないのですが、きっとすてきだろうと10年ものあいだ憧れだけを抱えていました。

そのきっかけは映画「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を観たこと。ニュージーランドの全土が撮影地として使われました。リアリティのある物語の世界を語らずして豊かに表現しているのは間違いなくニュージーランドの素晴らしい自然です(もちろん、制作陣のすみずみまでのこだわりと尽力も)。

© hjjanisch

もっとも行きたいホビット村(Hobbiton)のセット © hjjanisch

子どもの頃は地方に住んでいたので遊びと言ったら自然の中。キャンプをしたり、スキーをしたり、ドライブに連れていってもらったりしていました。その自然を「美しい」とか「きれい」と感動するよりも当たり前のものでした。だから何でもある都会に憧れたわけです。都会暮らし7年目の今年になって急に都会よりも自然への興味が強くなりました。これは素の自分への回帰だと思っています。夏に出かけた長野でサイクリングをしたのもとても気持ちがいいもので、もっと自然の中で過ごしたい気持ちが強くなりました。私の場合は欲張りなので都会も自然も両方あってほしいのですが…。

ヨーロッパにも行ってみたいです。ロンドンやパリ、バルセロナやヘルシンキ。友人が長く住んでいるプラハの美しい写真を見て中欧にも憧れています。ヨーロッパは「人間の古い歴史を感じられる街」というイメージ。だけど今自分が持っている興味にふさわしいのは、人の手の加えられていない本当の自然を見ることだと思って、ニュージーランドを選びました。

のんびりと自然を身体で感じながら歩いて、お気に入りのカメラを持っていって写真を撮ったり、物思いに耽ったりしてきたいなと思っています。

© ginny russell

今回の旅では残念ながら行けないマウント・クック国立公園 © ginny russell

不安な気持ちを感じることもなんとか楽しんでみる

航空券を注文し終えたのは日付のかわりそうな時間帯のこと。その夜は興奮と不安からよく眠れませんでした。だんだん不安が強まってきて「はじめてなのに海外ひとり旅なんてやめればよかった…」とげっそり。

戸籍抄本の取り寄せからスタートのパスポート申請は間に合うのか、私の英語力でまかり通るのか、飛行機の乗り方はわかるのか(国内線さえ最後に乗ったのがいつのことか…)、危険な目に遭わないか、などなど挙げるとキリがないほど不安要素が出てくる。せっかく10年来の夢が叶うのにこんな惨憺たる心境の自分にがっかりしました。

© https://www.flickr.com/photos/aschaf/8630291129/

フッカーバレートラック © Andrea Schaffer

こんな風に思うのはきっとこの1回限りだし、次はもっと颯爽と旅に出られるだろうから(それはそれはかっこよく)、不安な気持ちやわからないという体験をなるべく前向きにとらえることにしました。

旅に出ることにしなきゃ、自分がこういうことを不安と思うことも知らなかったわけです。経験値を積めると思って楽しもうと思います。「自分探しの旅」というものがありますが、私は旅に出る前から新たな自分を発見しました(笑)。

多くのかたから情報をいただく

FacebookやTwitterで旅行に出ることをつぶやいたところ、海外旅行のこと、個人旅行のこと、おすすめの観光スポットなど多くの情報をいただきました。気弱な心を励ましていただいたり、旅行プランの話を楽しんで一緒にしてくださるかたも。お互いの経験をシェアできるソーシャルメディアの良さを感じました。

私は今、教えてもらうことの方が多いですが、無事に行って帰ってこれたら、楽しかったことも失敗も自分の体験を通じてお話ができるようになると思うと、やっぱり旅行は楽しみです。

旅行まで慌ただしくなりそうですが、すてきな体験をして帰国できるように必要な準備や情報収集をして、思い切り楽しんできます!